【超格安】インターネットの海外旅行保険ランキング

インターネット申込で大幅割引も!人気の海外旅行保険を徹底比較

HOME » 海外旅行保険の必要性【海外の医療費事情】

海外旅行保険の必要性【海外の医療費事情】

海外旅行先で病気やケガによって現地の医療を受けた場合、各国での医療費は一体いくら掛かるか、その目安を紹介しています。

海外旅行保険の保険料は高い?安い?

海外旅行保険の保険料を高いと思うか安いと思うかは個人の感覚に依存します。しかし実際に海外で病気や事故に遭遇した経験がある人ならば、海外旅行保険の重要性はしっかり認識していると思われます。

日本を離れると日本で保証されていた医療保険の庇護からも離れることになるため、代わりの保険契約を結ばなければ全く無防備な状態になってしまいます。保険なしの自由診療では1,000万円以上の医療費を請求されることも少なくないので、海外旅行の際には必ず保険に入っておくことが必要です。

最近ではインターネットから申し込める海外旅行保険も増え、保険料も一般の書面申込に比べると半額程度で加入できるものがあります。

【各国の医療費の目安】
項目 世界各国の医療費
アメリカ イタリア オセアニア ハワイ フランス ブラジル シンガポール
初診料 18,400円 16,200円 5,800円 16,200円 16,200円 10,800円 5,000円
入院費
(1日)
16万円~ 9万円~ 5万円~ 11万円~ 8万円~ 2万円~ 2万円~
盲腸手術費用 160万円 121万円 40万円 256万円 86万円 75万円 15~77万円
骨折治療費用 6万円~ 16万円~ 2万円~ 4万円~ 5万円~ 4万円~ 1万3,000円~
 
【超格安】インターネットの海外旅行保険ランキング