【超格安】インターネットの海外旅行保険ランキング

インターネット申込で大幅割引も!人気の海外旅行保険を徹底比較

HOME » 海外旅行保険の必要性【海外の医療費事情】 » イタリア

イタリア

海外旅行に行く前に加入しておくべき、海外旅行保険の必要性を解説します。ここでは、イタリアの治安や医療費の例をもとに、保険加入しておくべき理由と見ていきましょう。また、インターネットから申し込む海外旅行保険の格安保険料と支払例も参考にしてください。

イタリアの治安・医療費について

イタリアでは観光の中心地ローマやナポリ、ミラノ、フィレンツェとアッシジ、シエナなどで観光旅行客を狙った置き引きやスリの被害が多発しています。

ナポリやシチリアではオートバイや自転車を使った引ったくり被害も多く、シチリア、カンパーニャ、カラブリア、プーリアなどイタリア南部地域では殺人事件も発生しています。子供や女性を使った巧妙な集団スリや列車泥棒、にせ警官、睡眠薬強盗なども多発しているので注意が必要です。

観光客が集まるローマではスペイン広場やトレビの泉、コロッセオなどを中心にアクセサリーなどの押し売り被害も報告されています。

健康面では、水道水が硬水のため、慣れない方はミネラルウォーターを飲むように心がけることが大切です。

イタリアの医療費と日本の医療費

海外旅行中の医療費は、基本的に自由診療です。健康保険が効かないため、医療費は受診する医療機関によって異なります。医療費が安い日本の感覚でイタリアの病院を受診すると、多額の医療費を請求されてしまうこともあるのです。

参考までに、イタリアの平均的な医療費と、日本の医療費を比較してみましょう。

項目 イタリアの医療費 日本の医療費
救急車搬送料 【公営】無料
【民営】32,500円+300円/km
無料
初診料 16,200円 2,700円
入院費(1日) 【相部屋】93,500円
【個室】93,500円
【ICU】133,000円
【相部屋】17,000円
【個室】20,000円~50,000円
【ICU】87,600円
盲腸手術費用 1,217,600円(入院4日) 400,000円(入院4~7日)
骨折治療費用 167,200円 15,000円

イタリア旅行の海外旅行保険料

インターネットからの申し込みで通常の50%前後の保険料割引となる、人気の海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」を例に、イタリア旅行での保険料の一例を見てみましょう。

旅行日数 個人プラン 家族(3人)プラン
3日間 1,670円 3,400円
7日間 2,920円 6,330円

【補償内容】

  • 傷害死亡・後遺障害・治療救援費用・疾病死亡:各 1,000万円
  • 賠償責任:1億円
  • 携行品損害:30万円
  • 弁護士等費用:100万円
  • 預託手荷物・遅延・テロ等対応費用:各10万円
  • 緊急歯科治療費用:補償あり

イタリア旅行中のトラブル事例と支払い保険金額

海外旅行保険に加入していた方への保険金支払い事例から、イタリア旅行中のトラブル事例を紹介しています。

交通事故(24歳・女性)保険金296万円

イタリア旅行中、現地の友人が運転する車に同乗して移動中の単独事故。骨折と内臓破裂で意識不明の重体のため、現地病院で35日間の入院治療を受けて、医師付き添いで帰国。日本でも治療を継続しているが後遺障害が残り、帰国後の保険金として別に1,088万円を支払い。

 
盗難・骨折(女性)保険金295万円

観光中、路上で後ろから来た男に突き飛ばされて荷物を奪われる。突き飛ばされて歩道に転倒した際に足首を骨折。12日間の入院治療を受ける。その後、日本から来た家族に付き添われて帰国。

 
盗難(女性)保険金19万円

イタリア観光でナポリ駅の近くを歩いていたとき、突然現れた男に突き飛ばされてリュックを奪われる。

 

※保険金の金額は加入していた海外旅行保険によって支払われた保険金総額です。海外旅行保険はインターネットで申し込むと格安の保険料で加入できるので、海外旅行に行く際には必ず保険に加入することを大前提とするべきでしょう。

 
【超格安】インターネットの海外旅行保険ランキング